カードローン

カードローン返済方法を予め準備しておく重要性

返済のことまで考えずにローン申し込みをしてしまうこともあります。すぐにお金が必要な時には、とにかく借りることしか考えられない場合もありますね。しかしカードローンに限らずどのようなローンでも返済はとても重要な点になるのです。

・返済方法を確認しておく
カードローンによって、返済方法が限定されている場合もあります。引き落としによるもの、ATMでの返済、あるいは店舗で直接返済など返済方法は色々ありますが、そのうちのどれかを利用できない、または一つだけしか返済方法がないというカードローンもあります。自分が最初から引き落としによる返済のみしか利用しない、と決めていれば返済方法が限定されていても大きな問題とはならないでしょう。申し込み前には、必ずカードローンでどの返済方法が採用されているのかということを確認しておくとよいでしょう。

・返済シミュレーションをきっちりとしておく
返済シミュレーションは、カードローンのサイトなどからすぐにできるようになっています。様々な数値を入力して、返済期間を換算したり、1か月の返済額を換算したりすることができるものです。ローンを比較している時などにも試せるため、とても便利です。このシミュレーションを行うことで、数値を見ているだけでは実際の返済が始まった時に、「ちょっと毎月の返済額が大きすぎて大変。」といったことを防げるでしょう。具体的な返済方法と、返済する額、あわせて随時返済の取り入れ方などは、申し込みの前にできれば考えておきたいことなのです。

・先のことまで考えてみる
返済期間が2年、3年、あるいはもっと長くとなってくると、他のローン、例えば住宅ローンなども組みたいということになるかもしれません。そうなった時に、カードローンの利用は必ずしも不利になるわけではありませんが、自分の返済計画が大きく変わってくることにもなるでしょう。カードローンの返済ペースを変えて、完済してしまってから別のローンを申し込むのか、併用するのかといったことは、前もって考えておくのは難しいですが、返済期間からライフプランなども照らし合わせて予想しておくのも良いことでしょう。自分の年齢、返済期間などを考えて、返済計画を立てるようにしましょう。

返済は複数回に渡るなら、毎月必ず行うものです。また完済してしまっても解約しない限りまた利用できるというカードローンの特徴から考えても、返済のことを申し込み前にきっちりと考えておくことが重要です。

関連記事