カードローン

銀行カードローンの特徴とは?

たくさんあるカードローンの中でも、銀行カードローンにはどのような特徴があるのでしょう。他のカードローンとはどういった違いを持っているのでしょうか。銀行カードローンはとても種類が多いため、借り入れでの希望に応じたカードローンを選びやすくなっています。

・総量規制の対象外
銀行カードローンは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングと最も大きな違いとして、貸金業法の規制を受けないという点が大きな特徴です。総量規制は、年収の3分の1までに貸金業者からの総借入額を収めないといけないという法律です。借り過ぎを防ぎ、利用者を守るために改正されたものですが、「できるだけ大きな金額を借りたい。」と考えている方にとっては、リミットとなってしまうことがあります。銀行カードローンは、利用方法等は消費者金融のカードローンと大きな違いがありませんが、この総量規制の金額を超えた限度額設定も可能になります。とはいっても、返済できる範囲内での借り入れをすることが大切ですから、シミュレーションをしてから限度額を決めるようにはしておきましょう。

・その他の銀行ローンと組み合わせてお得に使える
同じ銀行で、住宅ローンやマイカーローンなどと併用してカードローンも利用すると、どちらかの金利が引き下げとなる場合もあります。また、銀行口座を給与振り込み先や公共料金の引き落とし口座として指定することでカードローンの金利が引き下げになることもあります。カードローンを利用するなら、少しでもお得に使いたいと考える方は多いでしょう。口座の管理と併せてお金の計画をトータルで立てることで、よりお得な使い方もできるのです。ローンだけ、貯金だけ、と分けて考えずに、お金の動きをすべて計画してみるとよいですね。

・銀行によって特徴がある
銀行の種類としては、大手都市銀行、地方銀行、ネット銀行などがありますね。そのほとんどが少なくとも一つ、あるいは複数のカードローンを取り扱っています。多種類の銀行カードローンが見つかりますが、それぞれに特徴を持っています。大手都市銀行は、全国どこからでも同じ条件で申し込みができます。支店数なども多く、支店にローン申し込み機等を設置しているため、仕事で忙しい方や女性なども申し込みやすいでしょう。地方銀行は地域に密着したサービスが充実しています。申し込みの条件として全国から申し込みができるものと、営業エリアに住居か勤務先があることなどが決められていることもあります。申し込み前に必ず確認しておきましょう。新しい形態のネット銀行は、カードローンも新しく使いやすいサービスを充実させています。店舗がないことでその分のコストなどがローン金利の低さに繋がっていることが多くなっています。

金利以外のスペックも確認すること、銀行によっての違いを把握してからローン選びをすること、さらに現在利用している口座との関連性なども含めて申し込み先を決定することなどを心がけるとよいでしょう。

関連記事