カードローンで借りたいおすすめポイント!!

おすすめできるポイントがいっぱいあるのがカードローンです。カードローンで借りたいと感じるのはその理由があります。なぜカードローンを利用したくなるのでしょうか。学生ローン徹底比較を参考に解説していきます。

借り入れ目的は自分で決められる

ローンと名が付く金融商品はたくさんあります。住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、ブライダルローン、など利用目的が明確に決まっているローンが見つかります。カードローンでは、借り入れの目的を自分で決めることができます。事業資金として利用できないものは多いですが、それ以外の目的なら様々に対応することができます。申し込み時に利用の目的を書くことになりますが、ギャンブルなどでなければ問題ありません。また、一旦契約してしまうと、借り入れの都度目的を報告する必要もないのです。フリーローンも自分の目的に応じて利用できるものですが、カードローンのように繰り返して利用できないものが多いです。またフリーローンは完済すれば契約完了となり、再度借りたい時にはまた申し込みをすることになるものが多いです。

・借り入れまでの時間を予測できる

カードローンは審査時間が短いものも多くなっています。即日融資ができるものなどは、急いで借りたい時にも安心です。また、即日融資できるカードローンではなくても、できるだけ迅速な審査が進められるものばかりです。借り入れまでに時間がかかるカードローンとしては銀行のものなどで、銀行口座の開設を伴うものなど条件が決まっていることもあります。しかし、これも審査は最短当日で完了するものなども多く、借りられるということは早く分かるようになっているのです。お金が必要なタイミングが決まっている申し込みでも、カードローンのように審査時間や融資までの時間をある程度予測できると安心ですね。また、借り入れまでに多少時間はかかってもよいから低金利のものを選びたい、あるいは限度額が大きなものを選びたい、いった希望に沿ったカードローン選びをすることも可能です。

・魅力あるローンスペック

カードローン商品の多彩さは、そのスペックも様々に展開されています。限度額が1,000万円のもの、最低金利が3.0%のもの、あるいは振り込みキャッシングができるものなど、借りやすいものを自分で選べるようになっているのです。大きな限度額が必要な時は、それに対応させることもできます。とにかく急いで借りたい時には審査時間が短いものを選ぶとよいでしょう。また、借り入れや返済の方法などからカードローン選びを行って、とにかく便利に使うという方法もおすすめです。例えば銀行カードローンなら口座を開設することで、残高不足時に自動融資を受けられるものなどを選ぶ方法もあります。使いやすさを優先したい、金利を優先したいなど自分の希望に応じたローンを選びましょう。

カードローンの良い点は、自分で使いこなしやすい、というところでしょう。借り方、返し方等は、カードローンによって少しずつ違いがあり、より便利なものを自分で選べるので、使いやすさに直結しているのです。できるだけたくさんのカードローンを比較してみることをおすすめします。

カードローンのここが便利!!

お金を借りる目的に応じたローンをたくさん見ていくうちに、やっぱりカードローンが一番便利と感じることもあるでしょう。カードローンの便利さは、一度契約してしまうと、解約するまでは限度額の範囲内で何度でも借り入れを繰り返して利用できるという所にあるでしょう。お金が必要になるたびに申し込みの手続きなどをする必要がありません。カードを持っておけば、あるいはネットキャッシングができるローンならカードを持っていなくても、すぐに利用できるのです。

利用方法が多いカードローンを選んでおく、あるいは自分が一番利用する可能性が高い方法があるカードローンを選んでおくと、お金がないと気づいた時にもすぐに借りることができます。この安心感はなかなかないものでしょう。貯金などをしているという方も、貯金でフォローできないほどの大きな出費が必要な機会に出会わないとも言えません。カードローンの契約があることで持てる余裕は、他のローンとは比べ物にならないでしょう。

銀行口座のバックアップとしてカードローンを使うこともおすすめです。銀行カードローンなら、口座の残高不足時に自動的に融資が行われるものもあります。自動融資ができない銀行カードローンでも、インターネットで自分の銀行口座に振り込みによるキャッシングを受けられれば、残高不足に気付いた時にサッと借りるという方法もできます。消費者金融ではたとえばプロミスから三井住友銀行口座宛て、あるいはジャパンネット銀行口座宛てへの振り込みキャッシングなら、24時間いつでも最短10秒で入金されます。こういったサービスが利用できる消費者金融を選んでおけばお金がないと気づいたその時、すぐにキャッシングOKです。

また、カードローンは年会費等が必要ないものがほとんどです。いつでもお金を準備できる安心感があって、コストなどはかかりません。ただし、カードローンを利用した日数分の利息、そして借り入れ時や返済時に手数料がかかるATMを利用すればその費用がかかることになります。コストを最小限に抑えることができるのも、カードローンの便利な点でしょう。

関連記事